何者?

べつに時代劇のセリフじゃなくって、
自分自身への問いかけです。

つまり自分自身のブランド化って
やつなわけです。

ガイドに合格したときは、
すぐにでも”通訳ガイド”の名刺を
つくるつもりだったんだけど、
結局未だに作ってない。

それはつまり、
自分が何者なのかを
決めかねているってことだろうなあ。

先月2件続けて受けた
プライベートガイドは
とても楽しい経験だった。
お客さんも私も、
本当に楽しい時間をすごせた。

こういうお仕事の疲れは、
どんだけやっても
心地よい疲れだ。

英語の先生も
最初は自分の専門外だからと
断るつもりだったけど、
引き受けてみたら、なんだか楽しくなってきた。

普通の英会話じゃなくって、
生徒さんが読みたい本にを
私も一緒になって夢中で読んでる。

ただの英会話学校では出来ないこと。
それならば、
私が”先生”をするのも
意味のあることに思える。

そしてその生徒さんは、
いつかは
いま読んでいる洋書の作者を日本によんで、
市民団体の仲間と勉強会をしたいんだって。

まあ、
将来どうなるかはさておき、
ともかく私とその生徒さんは、
その本を読む時間を
楽しんでいる。

自分が何にわくわくし、
夢中になれるかは、
自分を知るための
大きなヒントだ。

プロになるには
楽しいだけじゃない。
人並み以上の努力が必要だ。
だからこそ、
三度の飯より好きなことを選ばないと
人一倍の努力はできない。

そんなわけで、
もう少し試行錯誤を続けていくつもりです。

なかなか収入は安定しないけどね。。。

この記事へのコメント

2010年05月10日 14:23
ご無沙汰しています。
いつもいつも前向きにがんばるkokomamaさんは、素晴らしいなぁと思ってます。
どんな仕事もそうですが、1年や2年では結果はだせないものです。10年、20年の長期スパンで考えて、取り組んでいけばいいのではないでしょうか。
私もkokomamaさんのように悩む時期を経て、やっと目標が定まり、なすべきことがはっきりと見えてきたように感じます。とはいえ、私の場合、主人が定年退職する頃に、やっと一人前になれるような気がしますが・・・(長生きしなくっちゃ・・・苦笑)。
kokomamaさんのもやもやする気持ち、よく分かります。みんな同じですね。
あきらめず一緒にがんばりましょうね。
kokomama
2010年05月11日 23:39
お久しぶりです。minminさん。
お元気そうですね。よかった。

なんだか色々と自分の気持ちの整理のために書いてるような
文が多いのですが、最近は結構落ち着いて
仕事にもプライベートにも向きあっています。

件数そんなに多く無いけど、
いろんな種類の仕事が、ぽつりぽつりとはいってきて、
それに向けてコツコツと地味に準備して、
仕事が終わると反省&課題を感じて勉強して、
とそんな調子が今の私には丁度いいようです。

先を急げば、迷い道。
楽しんで進めば、さんぽ道。

って、そんな感じです。

この記事へのトラックバック