何が仕事を面白くするのか。

伯母にたのまれて
レザートートバッグを製作中。

最初はデザインから考えたので
トータル6か月くらいかかったんだけど
一度作ったものなら迷いも少なく(それでも時々悩むけど)
結局、3か月くらでできてしまいそう。

二回目なので、結構いい感じの仕上がりです。

ひとつひとつの行程を経て
作品が仕上がるのをみては
ひとり「ニマニマ」としておりますが、
クラフトの楽しさって何かって、じつは「自己完結」ではないか、と。

仕事ってなかなか自分だけの努力で完成しない。

とくに会社の仕事なんで、
ぜんぜん思った通りに進まないうえに
努力して積み上げたものを根底から覆されることすらある。

オンラインで英語とか日本語教えるのも
そもそも、生徒の努力次第だし、
仮に生徒さんが「英語ペラペラ」「日本語ペラペラ」になったとして
別に私の「作品」として飾って置けるものではないし。

その辺、勉強も似てるのかな、「努力は裏切らない」

新しい仕事を探すときは特に
自分が何をやっているときに一番幸せなのかって
考えるんだけど

結局、わたしの場合は、コツコツ積み上げた努力と
その成果が見えるときだって思う。

あと、若いころはもうちょっと
会社の人と深い付き合いしてたな、とも思う。

仕事は楽しいかね?2 - デイル・ドーテン
仕事は楽しいかね?2 - デイル・ドーテン

「きみの求める答えは
”仕事をしない”ということではないと思う。
必要なのは、人と人との”結びつき”を
仕事に取り入れることなんだ。」

って、ほんとそうだよね。

コロナのせいで、人間関係が希薄になってるのもあるけど
そもそも、最近の職場って人間関係うすい。
プライベート重視なのはいいけど、なんか物足りない。

さらに、日本人が全体として
「つまんない人」になってる気がするんだよね。

いい人はいっぱいいるけど
面白いひとってなかなかいない。

「きちんと人とのつながりを感じられつつ
仕事は自分できっちり完結できる」

仕事にかぎらず
そんな環境って、どうやって作ったいいのかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック