ライティングって。

しんどいよね、精神的に。

自分の生徒さんには、
長文問題の日本語訳みながら
和訳すると勉強になりますよ、って勧めるんですが
実際やってみると、かなり、しんどいのがわかると思う。

例えば、会話のなかでなんと言ったらいいか
分からない場合があったとしても
自分の知っている表現を手探りで説明して
それで相手も分かってくれて
さらに、先生ならもっといい表現を教えてくれたりする。

でも、自分で長文を書いてると
書き進めるにつれ、「本当にこれでいいのか?」
がどんどん積み重なっていく。

これが、自己学習のつらいところだ。

で、どうすればいいのか?

結論から言うと、
1ページの英作文であっても
1~2文ずつ答え合わせしながらやるのがいいと思う。

英検の作文とかはもちろん
本番そういうわけにもいかないんだけど
表現力をつける練習段階では
このやり方のほうがむしろいい。

長文を一気に書いて
一気に答え合わせするより
きっちり一文、一文理解できるから
実力も付きやすいし、なにより挫折も少ない。

さらに、その方法でもキツイなら
いっそ、英文を書き写すことからスタートしちゃえばいい。

ただ英文読むだけだと
頭の中をスルーしてしまうけど
書けば、結構印象に残る。

あと、自分の英検レベルの1~2級下を選ぶのも大事。


英検2級だからって
2級の長文を日→英で作文はまずできない。

2級だったら、3級かなんなら4級の短文英訳がちょうどいい。

準1級なら、2~準2級程度かな。
単語暗記に書き取りはおすすめしないけど
英作文の書き取りは結構おすすめ。

興味のある人は、やってみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック